FC2ブログ

2018 榛名湖 チャプター第2戦

 28, 2018 23:27
群馬チャプターの第2戦です。

今線は、前回よりも参加人数が多く40名程になりました。
集合時間では、まだまだ肌寒く・・・多くの方が、上着やパーカーなどを着込んでおりました。

初榛名湖の方も数名おりました。
気軽に参加してくれる方が、もっと増えてくれると楽しくなります。私も、初参戦するまでは敷居が高く感じていましたが・・・実際には、お気軽な雰囲気です。
また、他の場所の大会と違い「ボートも手漕ぎのレンタルボート限定」ですから、
装備にお金がかからないことと、カッコつけていないのがいい感じです。^^

18052801.jpg


DE!試合の方はと言いますと・・・例のシーズナルパターンになってしまうのですが・・・
先週、先々週とローカル戦があったことと、オカッパリのアングラー様達も、シャローで、岸と平行に
キャストする方も多く、魚影が非常に少なかったです。

当日も、オカッパリ様の方々と一般のボートの方々は、試合開始時間よりも早くに釣行となっています
ので既に、ポイントには先行者が居たり、コイの吸込み釣りや、ヘラ師の方々が居たりで例年以上に
厳しい状況になっていたと思います。
そんな中でも、きっちり結果を出す方々です。^^;

凄いです。w
28052802.jpg

この時期って、ネストについて、いろいろなお考えがあると思います。

多くの方は、普段の釣りではネストについてある程度の「配慮」を持ってバス釣りをしていると思います。
しかしながら試合である以上、ルール違反でないのであれば、結果を求めるのは当然の事と思います。
多少の後ろめたさがあるのは事実ですが・・・。

ただ、必要以上に非難をされる方については、いかがなものかと思います・・・。

確固たる信念でもって非難されるのであれば、ネストシーズンの5月、6月はバス釣りを一切しないことです。
ネストを故意に狙っていなくても、釣ったバスがネストである可能性はあります。

ほんの一部分に焦点を絞って、必要以上に非難をしすぎるのもいかがなものでしょうか?

必要以上に細いラインを使用して、ブレイクしてフック残しで魚体が死ぬこともあるでしょう。
必要以上に釣ったバスを撮影や、測定で魚体を弱らせてしまったりすることもあるでしょう。

そういうことを考えて行くと・・・結局は「目糞鼻糞を笑う」ということに行きつきます。
なぜならば、自我の欲求の方を優先している行為で、犠牲になっているのはバスですからね。
それに親の個体が、一体死ねば将来の産卵の可能性も消えるわけです。

それに、バスが流入して来て、駆逐された生物がいることも事実です。バスがいること自体を否定している方々が多数派であることを忘れてもいけません。

ネスト撃ちを肯定する気は、さらさらありません。むしろ、否定的な立場です。ただ、必要以上に
非難をするアングラー様については、「端から見たら一緒よ。」と思っています。

釣りをしない方から、「ネスト撃ちってサイテー!」とか言われたら、言い返す言葉もありません。

DE! 自分の釣果は2本でした。^^;

COMMENT 0

WHAT'S NEW?